正義のスケール

パワハラ・セクハラ等でお悩みの方へ

そのお悩み、独りで抱え込まずにまずはご相談下さい!!

初回相談原則無料、オンラインミーティング・土日夜間対応可能(遠隔地でも問題なし)

企業勤務経験が豊富な弁護士が対応致します。

<代表弁護士>

岩山勝湖(いわやま かつひろ)

​所属:第一東京弁護士会

登録番号:56770

大理石

このサイトをご覧頂いている皆さまのお悩みは、会社においてパワハラやセクハラ、他にも育児や介護等による休業をするに際して不利益取扱を受ける等、何らかの嫌がらせを受けていることに関するものではないかと思います。

令和2年6月より労働施策総合推進法等の関連法が改正され、職場における事業主のハラスメント対策の義務化(中小企業は令和4年4月1日から)が進むなど、ハラスメントのない職場作りへの法整備は進められてはいます。

しかし、結局は人がきちんと気づいて変わらねば、ハラスメントの芽はなかなか消えないもの。色々な人がいる職場ですから、どこかでハラスメントが起きているという現実があります。

​ハラスメントをする側も、自分がハラスメントをしているという認識がない人もいるでしょう。一方で、ハラスメントという認識をどこかに持っている人は、メール等の記録には残らないようにする、言葉は丁寧に敢えてする、しかしその実態は陰湿なハラスメントをするということもあるでしょう。誰が見ても明らかなハラスメントであれば、まだ分かりやすいのですが、そういう目に見えない、証拠に残らないハラスメントが、一番悩ましいところなのではないでしょうか。

 

もちろん、ハラスメントについてまず解決をすべきは会社です。しかし、実際に会社がきちんと調査をしてくれるかは分かりませんし、パワハラにおいては加害者となるのはより上位の階層に属する人であるわけですが、会社がどこかでこの上位の人を守るようなバイアスが掛かり、被害者の主張を十分に汲み取ってくれないということもあるかと思います。

そのような時は、弁護士の出番です。ハラスメントに泣き寝入りをする必要はありません。弁護士が、皆さまの代理人として、皆さまに代わって、会社の対応に対する不当性の主張、これに代わる金銭的解決を模索して参ります。私は、20数年に亘り、企業勤務にて勤務して参りました。その中でハラスメントに関する事案にも立ち会って来ました。そのような経験を活かして、皆さまにとってのベストアドバイスを模索して参ります。

また、ハラスメントは、一般的な嫌がらせというだけではなく、例えば不必要な人事異動や不当な人事評価等、会社の仕組みを隠れ蓑にする形で行われることがあります。そのようなことは、時間が過ぎれば既成事実化して撤回等を主張することも難しくなってしまいますので、早め早めの対応をお勧め致します。

初回相談は原則無料、Zoom等のオンライン会議も対応いたします。また、土日夜間でも可能な限りフレキシブルに対応致します

お悩みは、独りで抱え込まずに、まずは弁護士にお気軽にご相談下さい。

 

 

​また、各トピックのご説明をお読み頂ける方は、以下をクリックして下さい

©2020 by 岩山勝湖法律事務所